オルニチン ヘルペス

オルニチンってヘルペスに効果的?

オルニチン

 

アンモニア除去で疲労回復を促進!

 

オルニチンは回復系アミノ酸として肝臓の働きを助ける物質として知られています。

 

肝臓は栄養素の分解、合成、貯蔵などの働きの他解毒作用などもあり健康に生活する上でとても大切な臓器です。

 

肝臓が本来の機能を保つという事だけでも様々な健康に対する効果が期待できますが、
オルニチンの効果はそれだけでは無くアンモニアを除去する効果があるとされます。

 

エネルギーの元となるATPという物質はアンモニアによって生産が阻害されるとされていますので
そのアンモニアを除去するという事は疲労回復を促進するという事につながるのです。

 

 

気になるヘルペスへの効果とは?

 

そこで、ヘルペスに効果があるのか?という事になりますと効果があるとも無いとも言えないという事になります。

 

ヘルペスはウィルス性の感染症で単純疱疹や帯状疱疹の事を指します。

 

単純疱疹は風邪などの病気をした場合や長時間屋外にいた時に
紫外線を多く浴びてしまった時のストレスで誘因される事が多いと言われています。

 

治療法は抗ヘルペスウイルス剤を使った飲み薬や塗り薬を用いて行いますが、放っておいても2週間程度で自然治癒します。

 

帯状疱疹は大きな病気をしたり疲れている時などに発症する事が多いとされ、症状は単純疱疹よりも深刻です。

 

このヘルペスにオルニチンが効果があるかは前述の通り不明ですが、
どちらも疲れが発症の引き金になるという事がありますので、
疲労回復に効果があるオルニチンは少なくともその予防といった効果は期待できるでしょう。